ページトップへ

Column

お役立ちコラム

★老後の住まいの選び方

スタッフ堀内です。夏、真っ盛りですね。
こんな暑い日は、「冷やし中華」が食べたくなります。

地元では、お店の「冷やし中華」もマヨネーズがついていて、
子どもの頃から、マヨネーズをかけて食べるのが普通でした。
関西圏ではあまりないみたいですね。
「おかしい」とすら言われます・・
どうやら名古屋と福島周辺はマヨネーズをかける傾向が強いようで・・

地域性が出ていて面白いですね!

さて、現在、マネレピでは、女性の介護事情について
連載していますが、
今日は、ある新聞に掲載されていた介護に
ついての情報をご紹介します。
前回、色々な種類の介護施設をご紹介しましたが、
料金や契約方法も様々で
入居しようと思った時、
どこに入ろうか迷いますよね。
よく調べないとミスマッチが起きる事も・・

記事は、実際に介護付有料老人ホームから
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)
に移った方を例に挙げています。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
東京・丸の内で働くAさん。
Aさんには、認知症で要介護2の80歳半ばの母親がいます。
毎日、母親に会うことを希望していたAさんは、
最初、職場から近い介護付有料老人
ホームに母親を入居させました。
ところが、1年が過ぎた頃、Aさんの自宅近くにサ高住
ができました。
介護付有料ホームは入居時に一時金として580万円を支払いましたが、
そのサ高住は無料。Aさんは、自宅近くであれば、
より長く母親と一緒にいられると考え、
早々に母親をそちらに移しました。
ところが、移って1週間も経たないうちに、

①ケアがよくない
②安否確認が不確か
③居室に母親を見守るためのセンサーを
つけさせてもらえない 

などの理由でAさんは母親の部屋に泊まり込むようになりました。
なぜ、こんなことに・・。
それはAさんが「サービス付き」という名称を
過信したためではないかと専門家は述べています。

サ高住は、基本的に賃貸住宅であり、サービスといっても管理人程度の
人を置くだけの
施設もあり、介護は、外部の業者に依頼する形となります。
それまでいた「介護付き有料老人ホーム」は包括的なサービスなので、
介護保険の決まりに
沿って少なくとも2時間ごとに職員が来て
声かけしてくれるなどの見回りサービスもありました。

サ高住では、声かけがなく寝てばかりになるため、
日中は食堂のテレビの前に座らせてもらうことになりましたが、
食事時間以外は誰もおらず、
広い空間に1人ポツンといることになり、
結局、居室に戻ることに・・。
そんなことからしばらく経ち、Aさんは請求書の金額が上がったことに
気がつきました。
そのサ高住は、毎月、家賃・共益費・基礎サービス費がかかりますが、
その上に食費・水道光熱費・移動介助
(居室から玄関までの数メートルの移動介助にも1回1500円のサービス費)
など介護保険が適用されないサービス費が加算され
36万になっていました。
介護サービスの1割は自己負担であり、介護付有料老人ホームの
入居一時金580万円を考慮してもサ高住の方が割高です。
kaigoshisetu
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

サ高住は元気だけど1人暮らしになったり、
離れて住む子どもの近くに移る場合は有利なことが
ありますが、介護の必要な人には不向きなことがあります。

有料老人ホームは選び方を間違えると、
予想を大きく上回る出費を招いたり、
生活設計にも影響します。

ミスマッチのないようじっくり検討し、
備えもしっかりしたいですね

  • Money Seminar

    無料マネーセミナー

    日本FP協会所属の上級ファイナンシャルプランナーが講師。
    セミナーが初めての方も安心して受講できます。

  • Free Consultation

    無料個別相談

    お金に関わる事や不安。
    あなたのお悩み・ご相談にお応えいたします。