ページトップへ

Column

お役立ちコラム

「お金の若者離れ」甘えでは?あなたはどう思う?

こんにちは。スタッフの下村です
ちょっと前にネットやテレビで、
「お金の若者離れ」という言葉が話題になりました。

事の発端は、20歳の若者による朝日新聞への投稿で、
その内容をかいつまんで話すと、
「若者の車離れ」「若者の旅行離れ」などと騒がれ、
その原因を「若者の意識の低下」と指摘する声があるが、
そうではなく、「お金の若者離れ」ではないか。
少ない給料から、生活費や人によっては奨学金の返済、
これらをやりくりし、
さらに年金不安のため貯蓄することを考えたら、
車や旅行が高嶺の花になっていく。
右肩上がりに経済が成長した時代の感覚で、
「最近の若者は夢がない。欲がない」と言われるのはうんざり”
というものでした。

これに対し年配の著名人が、
「甘ったれるな若者!
年寄りは君たちくらいの年齢のときはモーレツに働いたんだよ。
ハングリーになれ。向上を目指せ。目覚めて働け若者」
と発したことで賛否両論が巻き起こりネットが炎上、
テレビで報道されるまでに話が大きくなったのですが、
皆さんはどう思いますか?

高度成長期、“モーレツ社員”が社会を支えていた時代を知らない
アラサーの私からしたら、
投稿した若者の気持ちに共感するところが多いです。
実際、若い方々はお金にまつわる自分たちをとりまく環境について、
どのように思っているのでしょうか?
全国の20歳~34歳の就業者1,200名を対象にした
気になる統計データがありましたので、
次回はそのお話をしたいと思います

Money Seminar

無料マネーセミナー