ページトップへ

見方を変えれば、お金は今よりもっと身近になる!
読んで得して役立てて、楽しいライフプランを。

記事監修

神戸の独立系FPオフィス代表今村 浩二(上級ファイナンシャルプランナー CFP)

エンディングノートのススメ①

text_syuukatsu
堀内です。本日は、3月24日。

まもなく桜も開花する季節ですが、今日はぐっと寒いです。
そういえば何年か前、この時期に神戸でも雪が降りました。
あれはつい最近のように感じますが、時が経つのは本当に早いものです。
さて、エンディングノートってみなさんご存知でしょうか?
何年か前から、特に中高年層の方の間で注目されています。

みなさんは書いたこと、ありますか?
私は30代ですが、エンディングノートをいただいたので
「試しに書いてみたらと今年退職を迎えた父に勧めました。

実家は、家計の多くを父が管理していたので
書き進めながら
「確かに、こうして残しておかないと万が一があった時、
残された家族は困るだろうなあと父。

日常生活レベルのお金のことで言えば
口座引き落し管理、保険・・
それ以外の事では家系図や親戚連絡先まで・・
言われてみれば家族とはいえ、ささいな事でも
意外に共有出来ていない事も多いことに気づきます。
それ以上に、書いた本人が整理できたということもあったようです。

「万が一のための準備」「相続」などと考えると
なんだか大そうに感じてしまいますが、
「普段は口に出来ない家族への愛情のメッセージ」
「自分が書きたいことから気軽に気楽に
書き始めるとよいかもしれません。

ところで、この「エンディングノート
今、「終活」のツールとして注目されているのは、
なぜなのでしょうか。

それは次回にお話したいと思います

 

 

シェアする
フォローする

マネレピのコラムはすべて
神戸の独立系FPオフィス代表
今村 浩二が監修しています。
上級ファイナンシャルプランナー(CFP)・独立系ファイナンシャルプランナー(IFA)として
神戸・大阪・姫路でマネーセミナーや個別相談を実施。