ページトップへ

Column

お役立ちコラム

シングル女性の介護事情

flower_sunflower

こんにちはスタッフ堀内です。
毎日、本当に暑いですね!

ところで、冬によく飲む「甘酒」・・実は江戸時代、
「甘酒」は夏の季語だったそうで「甘い、甘い あまーざけっ」
天秤棒をかついで甘酒を売り歩く甘酒屋は、夏場の風物詩であり、
栄養満点の甘酒は夏バテにも効果があり、「夏の栄養ドリンク
として庶民に広く飲まれていたそうです。
あたたかい甘酒はもちろん、冷やし甘酒もなかなか美味しいそうで、
みなさんぜひ、試してみてくださいね

さて、今回は、久しぶりに
シングル女性の老後のリアル」シリーズです。
私たちのところへご相談に来てくださるお客さまは、女性の方が多いですが、
将来の話になると、特にシングルの女性はみなさん
「老後は、周りに迷惑をかけず綺麗に」と考えておられます。
きょうだいがいらっしゃる方も、きょうだい夫婦や姪っ子、甥っ子などには
迷惑を掛けたくないと、みなさんおっしゃいます。
「迷惑をかけずに」というのは、老後の身の回りのお世話や介護のことを
指していると思いますが、みなさん、いかがですか現役で働いている方や
健康な方は「介護」と言われてもまだまだ、ピンとこないと思います。

「介護」というと、“介護状態なんて一部の特定の病気に
なって寝たきりにならない限りそうそうならないでしょ”
と思われるかもしれませんが、私自身は、祖父がパーキンソン病だったので、
77歳で亡くなるまでの10年以上の間、母と祖母が交代で大変
思いをしながら介護をしているのを見ていましたし、
最近では、高島礼子さんの夫で俳優の高知東生さんが義父の介護のため、
芸能界を引退しました。やはり、誰しも他人事ではないなあと思います。

そんな「介護」ですが、これにもやはりお金がかかります。
限られた収入の中からの、大変大きなお金の出費となりますから、
マネープランを考える時、欠かせない事柄ですね。
特に、シングルの女性の場合は、先ほどもあったように
「将来、自分に介護が必要になった時、周りに
迷惑をかけないよう
施設に入所したい」
と考えている方は多いです。

仮に重度の介護状態にならなくても、老後にひとり暮らしするのは
不安ですし、
施設への入所を希望する方は多いと思います。

では、まずは、施設に入所するには、どれくらいお金がかかるのか
それぞれの施設をメリットデメリットを踏まえ、見ていきます。

【公的】介護福祉施設(特別養護老人ホーム=特養)など
メリット
●入所一時金などの初期費用は不要。
介護サービスの内容にもよりますが、月々8万~14万円程度。

民間施設よりは安価。
●長期入所が可能
デメリット
●比較的安価で利用できるため、入所希望者が殺到しており
(全国で40万人以上が待機しており、入所まで通常、
数か月から10年程度の期間を要するといわれている)

待機期間が長かったり、入所できないケースが非常に多い。
●医学管理下のケアは限定的

【民間】サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)
メリット
●高齢者が契約しやすい
●費用・サービスの選択肢が多い。
●高齢者に配慮した建物構造になっている。
●入居者の権利が守られている
デメリット
●施設の場所や設備によって、

初期費用は0~数百万円、月額費用はおよそ10~30万円。
有料老人ホームよりは安価なケースが多いが、公的施設より高い。
●連帯保証人を求められる
●重度の介護状態では、基本的に住み続けられない

【民間】介護付有料老人ホーム
メリット
●レクリエーションや設備が充実している

●重度の介護状態でも、住み続けられる施設がある
●医療ケアに対応する施設が多い
●選択肢が多い
デメリット
●施設の場所や設備によって、

初期費用は0~数千万円、月額費用はおよそ12~30万円。
仮に初期費用が無料であっても、
その分、月額が25万円超と高額となる
施設も多い。
●外部サービス利用型は要介護度が高いと介護サービス費用が割高

それぞれ、色々な種類がケースがあり、金額の目安の差が大きいですが、
ざっとまとめてみるとこのようになります。

私の感覚としては、公的施設でもこんなにかかるのと驚きです。
年金だけでは、とても足りない金額です。
今から、頑張って準備しよう!..その前に、次回は
トータルでどのくらいのお金がかかるのかを、
もう少し詳しくみていきたいと思います。

  • Money Seminar

    無料マネーセミナー

    日本FP協会所属の上級ファイナンシャルプランナーが講師。
    セミナーが初めての方も安心して受講できます。

  • Free Consultation

    無料個別相談

    お金に関わる事や不安。
    あなたのお悩み・ご相談にお応えいたします。