ページトップへ

見方を変えれば、お金は今よりもっと身近になる!
読んで得して役立てて、楽しいライフプランを。

記事監修

神戸の独立系FPオフィス代表今村 浩二(上級ファイナンシャルプランナー CFP)

「1年の計は元旦にあり」マネープランを立ててみませんか?

編集スタッフ 下村(カスタマーサポート)

こんにちは、スタッフの下村です。
今年はコロナ禍で大変な1年でしたが、そうした時でもつながることができた新しいお客様との出会いや、支えてくださるお客様との交流に、あたたかさを強く感じた1年でもありました。
1年の最後は毎年恒例のこのコラムで締めさせていただきたいと思います。
FPオフィスが発信する「マネープランを立てる際のポイント」、参考にしていただけましたら幸いです。

あなたのゴール、見えていますか?

「マイホームを購入したい」「子どもの教育資金を貯めたい」「おひとりさまでも安心して暮らしたい」など、皆さん「より良い人生にしたい」と思って弊社のFP相談にお越しくださいますが、その理想とする人生のカタチ(ゴール)は様々です。
今このコラムを読んでくださっているあなたにとっての「より良い人生」も十人十色、バラエティに富んでいるでしょう。
なのでまずは、あなたの理想とする人生」について考えてみてください

「あなたの理想とする人生」というと壮大な感じがするかもしれませんが、「いろんなおいしいお店に行きたいな~」「心が安らぐ快適な家に住みたいな~」など“日常のちょっとしたシアワセ”も大切。
どんどん書き出してみましょう!

実現するにはいくら必要?

書き出してみることで、「あなたの理想とする人生」が鮮明になってきたかと思います。
では、「書き出した理想を実現するにはお金がいくら必要か?」、これについても書き出してみましょう。
先に挙げた例で考えると、「いろんなおいしいお店に行きたいから、月1万は外食費に確保したい」「自分が希望する快適な家に住むには、家賃10万はいりそうだな。マンション購入もありかも?」など。

こうして必要額がわかったら次に考えるのは、「そのお金をどうやって用意するか?」ですが、こんな疑問が浮かんでくるかもしれません。

「今あるお金、いくら使えるの?」

理想の人生を考えたときに「老後も豊かに暮らしたい」と希望するのなら、「いくら老後に残しておかないといけないんだろう。そのために今いくら使っても大丈夫なんだろう」って悩むと思うんです。

既にセカンドライフに入られている方は、貯蓄を取り崩しながらの生活に、「いつまでもつだろうか…」と不安を感じられていると思うんです。
その悩みを晴らすことができるのが弊社の無料個別相談の特長でもありますが、実際に体感していただくのが一番なので、ここではポイントだけ。

将来の見通しが立つと、今できることが明確になり、将来を不安に思うことなく今を楽しむことができるようになります

自分では実現できないと思っても…諦めるのは早い

最後にお話したいのは、「自分では実現できないと思っても、他の人の知恵を借りたら実現できる方法が見つかるかも」ということ。
たとえば、「マイホームが欲しいけど、教育のこととか子供にお金がかかるし、老後のことも考えたら今の収入や貯金じゃ無理なんじゃないか…諦めるしかないのかな…」とか。
ひとりで考えていると、自分の思いつく範囲内で実現可能かどうかを判断してしまうため、「これ無理やん」となりがち
いったんその枠を外してみると、視界が開けて実現可能な方法が見つかるかもしれません

皆さんにワクワクしながら新しい年を迎えてほしいなと思います。
無料個別相談のお申し込みはこちらから⇒
どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

“あなただけ”のマネープランで毎日をハッピーに!
シェアする
フォローする

マネレピのコラムはすべて
神戸の独立系FPオフィス代表
今村 浩二が監修しています。
上級ファイナンシャルプランナー(CFP)・独立系ファイナンシャルプランナー(IFA)として
神戸・大阪・姫路でマネーセミナーや個別相談を実施。