ページトップへ

見方を変えれば、お金は今よりもっと身近になる!
読んで得して役立てて、楽しいライフプランを。

記事監修

神戸の独立系FPオフィス代表今村 浩二(上級ファイナンシャルプランナー CFP)

共働きが子孫繁栄!

「共働き」についての最新記事、更新しています
共働き女性いつまで働く?最適解を導き出すために必要な○○とは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他のコラムでは進む少子化の恐怖についてお話ししてまいりましたが…

みなさん。お子さんが生まれるとお仕事はどうされますか?

産休の制度のある職場で働かれている方も多くいらっしゃるとは思いますが
子どもの手が離れたら職場復帰。なんて方もいるかもしれません。
大半の方はやはり退職を考えるようで
現在の女性の約7割くらいの方は出産退職しています。
「働き続けたくても育児との両立が難しいから」という理由をあげておられます。

それにもかかわらず人口が減っているので
女性の労働市場への参加が進まないと働く人の数をさす
「労働力人口」が20年後には2割減るといわれています。

ちょっと待って!

「女性が働くとますます少子化が進むんじゃないの?」
という声が聞こえてきそうですが
世界的には女性の就業率の高い国は出産率も高いというのが常識なんです。
新聞の記事でもこう書かれています。
「保育サービスへの公的投資は、女性の就業率を高めて国内総生産(GDP)上昇に貢献し
子どもの学力を高め、犯罪率を低める、1ドルの投資が4ドルの社会的メリットになる」
と報告されています。

確かに育児との両立は難しいのが現実だとは思いますが
日本の将来のため 難しい両立もがんばっていただきたいと思います。

シェアする
フォローする

マネレピのコラムはすべて
神戸の独立系FPオフィス代表
今村 浩二が監修しています。
上級ファイナンシャルプランナー(CFP)・独立系ファイナンシャルプランナー(IFA)として
神戸・大阪・姫路でマネーセミナーや個別相談を実施。