ページトップへ

見方を変えれば、お金は今よりもっと身近になる!
読んで得して役立てて、楽しいライフプランを。

記事監修

神戸の独立系FPオフィス代表今村 浩二(上級ファイナンシャルプランナー CFP)

  • HOME >
  • お役立ちコラム >
  • 「将来は高級老人ホームに入りたい」おひとりさま女性の介護の話

「将来は高級老人ホームに入りたい」おひとりさま女性の介護の話

編集スタッフ 今村(ファイナンシャルプランナー)

女性のライフスタイルはさまざまですが、老後の生活資金のご相談を受けるFPオフィスとして私たちは、「女性の老後は“おひとりさま”が基本」とお伝えしています。

なぜなら、女性は男性よりも長生きする人が多いから。
100歳以上の方の約8割が女性であり、
90歳以上を迎える女性は約2人に1人(男性は約4人に1人)、
95歳以上を迎える女性は約4人に1人(男性は約10人に1人)、
(厚生労働省「平成30年 簡易生命表の概況」)
という状況なので、現役時代のライフスタイルに関係なく、“老後はおひとりさま”な女性が増えてくるでしょう

“老後はおひとりさま”と考えたとき気になるのが、自分が介護状態になったときのこと

最近は「自分のことは自分で」と考える自立した女性が増えているのでしょう。
老後の備えについて真剣に考えているお客様の声をたくさん耳にします。
ですが、「もし自分が要介護になったら」と考えて具体的な話をされる方はほとんどいません
「自分の要介護状態を想像するのはやっぱり気が重いよなぁ」と思っていたのですが、あるお客様のご相談をきっかけに、介護の備えを前向きに考えることもできるのだと気づかされました。

60代おひとりさま女性のご相談

ひとりで生活できるマネープランを希望されて相談に来られた60代のおひとりさま女性。
介護に対する意識が高く、「将来はここにお世話になりたい」と具体的なお話もしてくださいました。

N様が入居を希望されている介護施設は、いわゆる「高級有料老人ホーム」でした。

どんな施設なのか特徴をあげると、
・同一建物内にクリニックがある
・開放的なロビーラウンジ
・毎日の健康管理を考えた食事が食べられるダイニング
・映画鑑賞やカラオケを楽しめるオーディオルームなどの充実した設備
・健康相談や交流イベントなどの手厚いサービス

安心で快適な生活がイメージできました。

気になる費用ですが、いくらかかると思いますか?
入居一時金が一般居室だと3000万円~1億円、介護居室だと2000万円、そこにプラスして毎月の生活費がかかります。

びっくりする金額ですよね。
「私には無理」と感じてしまうほどの高額かもしれません。
ですがN様のように、資産運用でお金を増やす方法をとれば、叶えられる可能性もぐっと高くなります

「私もこんな場所で老後はゆっくり過ごしたい」とお考えの方には、
高級ホテルやリゾートホテルのような高齢者向け施設ばかりを写真で紹介している雑誌があるのでおすすめです。
見ているだけでワクワクして老後が楽しみに感じられると思います。
『老後に暮らしたい幸せな住まい』主婦と生活社

高齢者向けの住まいの種類と特徴

「将来は老人ホームに」と言っても、どんな場所をイメージするかは人それぞれ
たとえば、先にあげた有料老人ホームと、よく聞く特養(特別養護老人ホーム)とでは、入居条件や受けられるサービス内容が異なります

下の図は、有料老人ホームと特別養護老人ホームのサービス・費用の比較一覧です。

介護付有料老人ホーム 特別養護老人ホーム(特養)
食事、清掃、身体介護、リハビリなど、施設スタッフによる幅広いサービスが受けられる施設 重度の介護を必要とする方が少ない費用負担で長期入居できる公的な介護施設
運営母体 主に民間企業 地方公共団体、社会福祉法人
費用 中~高
入居対象者 自立・要支援・要介護 要介護3以上
待機者
介護が必要になってからの住み替え そのまま居住可能 なし(要介護3以上しか入れない)
居室タイプ 原則個室 多床室(相部屋)が多い

有料老人ホーム、特別養護老人ホーム以外にも次のような施設があります。
・サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)
見守り、生活相談サービスがついた高齢者向けの賃貸住宅。
・介護老人保険施設(老健)
比較的少ない費用負担で医療管理下での看護、介護、回復リハビリが受けられる公的施設。
・グループホーム
認知症の高齢者が少人数で共同生活を送りながら、身体介護、機能訓練などが受けられる施設。
・経費老人ホーム(ケアハウス)
主に自立あるいは要支援の高齢者が比較的少ない費用負担で利用できる福祉施設。

まとめ

介護状態になったときのことを心配している方は多いですが、具体的にイメージができている方や、対策を考えている方は少ないものです。
心配はあってもそのままにしてしまう背景には、介護という言葉がもつマイナスなイメージや、何から手をつけたらいいかわからないといったことがあるのかもしれません。
まずは、人生の最期を考えたときに、その日を迎えるまで、どんな場所でどんな風に暮らしていたいかイメージすることから始めてみませんか

シェアする
フォローする

マネレピのコラムはすべて
神戸の独立系FPオフィス代表
今村 浩二が監修しています。
上級ファイナンシャルプランナー(CFP)・独立系ファイナンシャルプランナー(IFA)として
神戸・大阪・姫路でマネーセミナーや個別相談を実施。