ページトップへ

Column

お役立ちコラム

金融機関属さず“お客様本位”の投資助言 注目を集めているIFAのお仕事

“超”低金利時代といわれる今、預金だけでお金を貯めることは難しく、政府も今年、つみたNISAを施行するなど、「貯蓄から投資へ」の動きを推し進めています。

そんな情勢下で注目されているのが、証券会社や銀行といった特定の金融機関に属さずに投資の相談に応じ、顧客の商品購入を仲介するIFA=Independent Financial Advisor
“独立系ファイナンシャル・アドバイザー”の存在。
つい先日読んだ朝日新聞でも、IFAの活動が紹介されていました。
弊社にもIFAが在籍しており、資産運用のアドバイスを行なっています

金融業界は“お客様本位”へ
IFA普及に追い風

金融業界の指針となる「フィデューシャリー・デューティー」
資産運用業務に従事する金融機関が投資家に対して負う責任のことをいいます。
日本では金融庁が策定した「平成26事務年度金融モニタリング基本方針」の中で初めて言及され、
“家計や年金、機関投資家が運用する多額の資産が、それぞれの資金の性格や資産保有者のニーズに即して適切に運用されることが重要である。このため、商品開発、販売、運用、資産管理それぞれに携わる金融機関がその役割・責任を実際に果たすことが求められる”と記されています。

この動きは、金融機関と業務委託契約を結び、顧客の商品購入を仲介する一方で、金融機関の方針や目標にしばられずに金融商品を提案することができる、さらに原則転勤や配置替えなどもないため、お客様と長いお付き合いができるIFAにとって、強い追い風となったと言えます。

弊社でも“お客様本位”の姿勢を大切に、お客様一人ひとりの置かれている環境や悩み、理想に寄り添って“オンリーワン”のご提案ができるよう努めてまいります

Money Seminar

無料マネーセミナー