ページトップへ

Column

お役立ちコラム

相続で、節税よりも大切なこと③

立春とは名ばかり。特に本日(2月9日)は凍えるような寒さです。
cherryblossomが本当に待ち遠しいですねsweat01

さて、 引き続き、今もっともタイムリーとも言える相続のお話。
前回の②お話の続きとなります。

前回のお話で、2015年からは相続税を払う人が増えるんですよ~
というお話をしました。
課税対象者は、いままでの1.5倍~2倍になると言われていますが、
4~10倍と見る税理士もいます。

相続を身近に感じておられる70歳以上の世代の方は、
大正や昭和初期から戦中に生まれ、戦後の復興期や高度経済成長期、
バブル期など、特別なことをしなくてもマジメに働き、
コツコツ貯金しているだけで、ドンドン資産が増えてupいきました。
例えば、現在80歳以上の方で、ご夫妻で公務員をされていた場合なら
退職金を定期預金や郵便貯金に預けているだけで1億円近い金融資産に
なっている方もすくなくありません。
前回のマイホームhouseのお話と併せても、ますます他人事ではないことが
お分かりいただけると思います。

いずれにせよ 「相続税を払う人が劇的に増える」
という事をもう一度、おさらいしておきたいと思います。

加えて、今回の改正は

two 税率が上がる→納税額が増える

つまり、税率もあがるため、1件あたり徴収額も増えます。
ただ、こちらは、2億円超の資産を相続した場合の税率があがりますよ
というお話なので、 2億円超の資産を相続される資産家の方でなければ
あまり気にする必要はないと思います。

ただ、該当する方は、ダブルの増税となりますので注意dangerが必要です。

どのくらい税率が上がるのか?
に関しては下の表をご参考にしてくださいねconfident

今回は、少し短いですが、この辺で。
次回は、増税とセットの「アメ」。
つまり緩和されたりした部分notesについてお話していきたいと思いますshine

  • Money Seminar

    無料マネーセミナー

    日本FP協会所属の上級ファイナンシャルプランナーが講師。
    セミナーが初めての方も安心して受講できます。

  • Free Consultation

    無料個別相談

    お金に関わる事や不安。
    あなたのお悩み・ご相談にお応えいたします。