ページトップへ

見方を変えれば、お金は今よりもっと身近になる!
読んで得して役立てて、楽しいライフプランを。

記事監修

神戸の独立系FPオフィス代表今村 浩二(上級ファイナンシャルプランナー CFP)

  • HOME >
  • お役立ちコラム >
  • 【FP相談事例4】40歳を迎えて将来のことを考えるようになった独身女性のマネープラン

【FP相談事例4】40歳を迎えて将来のことを考えるようになった独身女性のマネープラン

編集スタッフ 下村(カスタマーサポート)

当連載コラムでは、女性向けに特化したFP会社として、神戸を拠点に活動している弊社の無料個別相談を利用してくださったお客様を“マネレピさん”とお呼びして、ご相談内容と弊社からのご提案をご紹介しています。

第4回目は、40歳を迎えて将来のことを考えるようになった独身女性のお話です。
U様のお言葉で印象深かったのが、
「今まで結婚や出産、住宅購入などのライフイベントがなかったため、お金について考えるきっかけがなかった」というもの。

私たちFPの意識としては、働いてから長くなると自然と将来のことを踏まえた貯蓄をするものと捉えがちなので、ライフイベントがないと、お金について考える機会があったとしても、貯蓄のその先を考えるリアリティーは持てないというお声は大切な気づきでした。
U様のような「年齢的に将来のことを考え始めたけど、まだぼんやりとしている」独身女性は多いかと想像しますので、今回ご紹介する事例が参考になれば幸いです。
早速みていきましょう。

⇒前回のマネレピさん『40代で住宅購入「79歳まで続く住宅ローン返済が不安」な共働き女性のマネープラン』のお話はこちら

今回のマネレピさん

40歳を迎えて将来のことを考えるようになった、独身女性のU様。
保険や資産運用の知識がないこととあわせて、得意のジャンルではないので何から始めればいいのかわからず、どうしようかと思われていたところに、弊社マネーセミナーの案内が目に留まりお申込みいただいたことが、無料個別相談のご利用のきっかけでした。

~不安を解消するために~ マネレピからの提案

将来に向けて何をしたらいいかぼんやりとされている中で、ミスマッチのないご提案をさせていただくには「ゴールベースアプローチ(個人個人の将来の目標(ゴール)に向けて資産を管理する方法)」が必要であること

【投資入門⑥】お金を増やすだけじゃない!夢・目標を叶える資産管理法

2019.04.19

これをまずはお伝えしてご理解いただけたので、公的年金の計算をさせていただくことから始めました。
ご自身が受け取られる予定の公的年金額を明らかにすることで、ご希望される生活を実現されるためにどれだけのお金が不足しているか、把握していただけるようになります。

さらに、ゴールベースアプローチはお客様の将来の目標を担当FPが併走して達成していくイメージの資産管理方法ですので、「将来どんな暮らしをされたいか」「趣味や楽しみにされていること」などについてお聞きして、U様がどんな方で、人生で何を大事にされているのかといった“パーソナルな情報”を踏まえてマネープランをかたちにしていきます。

ヒアリングを通してU様は、
■ 編み物・刺繍・ヨガといった趣味を楽しみたい
■ セカンドライフの生活費は毎月25万円ほどほしい
と考えていらっしゃることがわかったので、それらを叶えるマネープランをご提案いたしました。

~40歳を迎えた独身女性のマネープラン~ 大事なポイント

「40歳」という年齢が、将来を考え始めるきっかけとなったという独身女性は多いでしょう。
今このコラムを読んでくださっているあなたもそのうちの一人かもしれません。
「一生おひとりさまかも」と考えて経済的な準備を強く意識しだす年齢ではありますが、50代、60代に比べると現実味が薄いかとも思います。

そんな40歳を迎えたあなたにお伝えしたいマネープラン上の大事なポイントがあります。
それは、「マネープランにも賞味期限がある」ということ。

というのも、マネープランをご案内させていただいたお客様に、
「みなさん、大体いつまでに検討しているんですか?」とご質問いただいたときに、
「期限はございませんので、しっかりとご検討ください」とお答えしていたのですが、
あるときお世話になったお客からこのようなお話をいただきました。
「前にお話いただいた中で、『資産づくりや資産運用は値段が上がった、下がったと一喜一憂するような儲け話なんかではなく、じっくり時間をかけて複利の力(金利)を味方につけて、ゆっくり育てていくものですよ』って話が印象に残っているんです。
だから、『できることからでも早めにスタートすべきですよ』とお伝えしたほうがいいですよ。」

以来、時間と複利の力がいかに大切なのかについてご案内させていただいています。
参考までに、次の表は運用期間を長くとることでどれだけ運用収益に差が生まれるかを比較した表です(いずれの表も千円未満は切り捨て。税込の金額)。

500万円を3%の条件で運用した場合、いくらになるの?
3年後 546万円
5年後 579万円
10年後 671万円
20年後 903万円
毎月3万円を3%の条件で積み立てした場合、いくらになるの?
3年後 積立元本108万円⇒112万円
5年後 積立元本180万円⇒193万円
10年後 積立元本360万円⇒419万円
20年後 積立元本720万円⇒984万円

~マネープランを採用していただいて~ お客様の声

マネープランのご提案、ありがとうございました。
今年になって、将来のお金のことで何か具体的にやっていけることはないかと不安に感じていたので、貴重な機会をいただけたように思います。
何もやらないと現状は変わらないですもんね。
マネーセミナーは、長期で資産運用を考えることの重要性を知れて、わかりやすかったです。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

~ずっと身近に、ずっと安心を~ その後のお付き合い

叶えたい暮らしに向かって踏み出したお客様の思いを大切に、私たちはマネープラン実行後のフォローも行っています。
複数社にわたるご契約の一括管理や、ご住所などの各種変更のお手続き、手作りのニュースレター「くまちゃん通信」のお届けと、その内容は様々です。

日々生活していると、色々な場面でお金に関する気になる事が出てくることと思います。
そんな時に私たちを思い出していただければ幸いです。

“あなただけ”のマネープランで毎日をハッピーに!
シェアする
フォローする

マネレピのコラムはすべて
神戸の独立系FPオフィス代表
今村 浩二が監修しています。
上級ファイナンシャルプランナー(CFP)・独立系ファイナンシャルプランナー(IFA)として
神戸・大阪・姫路でマネーセミナーや個別相談を実施。