ページトップへ

見方を変えれば、お金は今よりもっと身近になる!
読んで得して役立てて、楽しいライフプランを。

記事監修

神戸の独立系FPオフィス代表今村 浩二(上級ファイナンシャルプランナー CFP)

独身女性の老後資金、いくら必要?どうやって準備する?

「結婚してもしなくても、パートナーに頼らず、自分のお金は自分で用意する」
「一生独身かも。将来困らないように老後のお金の準備はしっかりしておきたい」
いずれも、弊社「ユニバーサル財務総研」に、マネープランのご相談でお越しになられたお客様の声です。

私、今村浩二はファイナンシャルプランナーとして、様々な女性のご相談を受けてきました。
その中で最も多いのが、おひとりさま女性の老後資金のお悩み
「自分の力で何とかしていきたい、していかなきゃ」という意識を皆さんお持ちです。
そうした自立心旺盛な所は共通していますが、ご相談のタイミングはお客様それぞれに異なります。
20代、30代と比較的お若いうちから行動に移される方もいらっしゃれば、 やりたいことも楽しみながら毎日を順調に過ごしてこられて「お金のことを考える機会なんてなかった」と、40歳、50歳と節目の年を迎えられて将来のお金のことを考えるようになった方も。

ご相談のタイミングが違っても皆さんの頭の中を占めているのは、「独身女性の老後資金はいくら必要なの?」「どうやって準備したらいいの?私ひとりでできるかな?」といった不安です。
これらの不安を、私がマネープランのご相談の場でどのように解きほぐしていくか、かいつまんでご紹介したいと思います。

おひとりさま女性の不足する老後資金は3,000万円

私が講師を務めるマネーセミナーでは、ライフスタイル別に老後資金の不足額を説明しています。
共働き⇒1,800万円
専業主婦⇒3,600万円
おひとりさま⇒3,000万円

とても大きな金額ですが、女性が老後も我慢することなく生涯を通して自分らしく生活するためには決して大きすぎる金額ではありません。

計算の仕方はマネーセミナーで説明しているので割愛しますが、マネーセミナーを手伝ってくれている未婚の女性スタッフが後日、「金額が一番大きいのは専業主婦だけど2人で使うお金…私の場合はひとりで3,000万円貯めなきゃ…早く何とかして安心したい」と不安に思う気持ちを話してくれました。

貯めたいけど将来のためにガマンしすぎるのはイヤ

彼女のように「早く何とかして安心したい」とお考えの女性は多いと思います。
お客様もそう感じていらっしゃるからこそマネーセミナーご参加後に個別相談をご利用くださるのですが、ご相談を進めていくと、あることがわかります。

それは、「貯蓄できる金額を増やしたいけど、収入を増やしたり節約したりするには限界があるし、将来のためだけに生きている訳じゃないと思ったら、あんまりガマンもしたくない!」というジレンマをお持ちなこと。
特に、これまでの収入をコツコツと貯金してきた方は「このままでは老後までに貯められないのでは」と不安を感じています。

ここで必要になるのは節約術でも、何となく貯金を続けていくことでもありません
必要なのは、しっかりと老後に向けた目標を決めて、「お金にどの場所で働いてもらうのか」を考え、マネープランをつくり実行していくこと
この一連の流れが「資産づくり」「資産運用」だと、マネーセミナーなどを通して伝えています

目標を決めて計画的に貯蓄していくためのFP相談

目標を決めて計画的に貯蓄していくためのマネープランをつくり実行していく―
ひとりで実現しようと思ったら、果てしなく遠く感じられるかもしれません

お客様にも「まず何からしたらいいかわからない」「数字が苦手だしお金のことと考えただけで思考停止してしまう」という方もいらっしゃれば、
やり始めてみたものの「この方法で合っているの?」「もっと私に合った方法があるかもしれない」と不安を感じられて相談にお見えになる方もいらっしゃいます。

マネープランを実行するには「客観的に判断すること」が大切ですが、自分自身のことを客観的に見ることは難しく、お金のことは感情的な判断になりがちです
よりスムーズに目指すゴールに向かって進んでいけるよう、専門的な知識をもつ第三者である私たちFPを頼っていただけたらと思います。

今すぐ相談したいことがある方は⇒「無料個別相談」のご予約へ
まずは情報に触れたいと思う方は⇒「マネーセミナー」のお申込みへ

シェアする
フォローする

マネレピのコラムはすべて
神戸の独立系FPオフィス代表
今村 浩二が監修しています。
上級ファイナンシャルプランナー(CFP)・独立系ファイナンシャルプランナー(IFA)として
神戸・大阪・姫路でマネーセミナーや個別相談を実施。