ページトップへ

information

マネレピからのお知らせ

9月・夏のお疲れは出ていませんか

「船べりに 頬杖ついて 月見かな」   山口 青邨/

激しい台風が過ぎ去り、ぐっと涼しくなりました。

すっかり秋ですね。

そろそろお月見の季節です。今年の十五夜は9月24日(月)。

「月を愛でる」という風習は、縄文時代にはすでにあったそうです。

太古の昔から月を神聖視していたんですね。

ちなみに、お供えの団子の数は十五夜なら15個。ピラミッドのように積んで供えます。
これは一番上の団子が霊界との懸け橋になると考えられていたからだそうですよ。