ページトップへ

information

お知らせ

9月・夏バテにご注意下さい。

「くろがねの 秋の風鈴 鳴りにけり」   飯田蛇笏(いいだだこつ)/
夏も終わり。素敵な夏の思い出はできましたか?
夏の疲れが出やすい時期です。くれぐれもご自愛下さい。
さて、初秋の一句。高浜虚子の弟子であり、明示時代に活躍した俳人・飯田蛇笏。

植物学者としての一面もあった蛇笏の俳句には「自然との調和」などが
テーマのものも数多くあります。
『いつしか夏が過ぎ去り、季節はずれの鉄の風鈴が、
今は秋の涼やかな風に揺られている』
夏の余韻を感じさせながらも、確かな秋の気配を詠んだ俳句です。
今の季節にぴったりな、さりげなく、それでいてちょっと
切なくなるような素敵な情景が浮かびますね★