ページトップへ

information

お知らせ

10月・台風にご注意下さい。

「とどまれば あたりにふゆる 蜻蛉(トンボ)かな」   中村汀女/
トンボは、空中で停止しているように飛ぶことができますよね。
歩きながら見ていると、そんなに飛んでいないように見るのに
不思議なもので、足を止めると急にトンボの数が増えて見えます。
もちろん錯覚なのですが、そういう小さな発見は子供の頃、
なんだかとてもワクワクしたものです。
しばらくトンボの流れの中に身をおいてたたずんでいると
自分の心も秋風の中に解き放たれてゆくように感じますね。