マネーセミナー 個別相談
お役立ちコラム

column

【FP相談あるある】マネープランは細かく立てないと!と思っていませんか?

  • マネーの基本
  • 貯蓄

皆さんはマネープランってどうやって立てていますか?

「みっちりシミュレーションして万全です!」というあなたは、このページをそっと閉じてください(笑)。

今からお話することは、
「シミュレーションしてみたけど何となく不安」
「シミュレーションしてみようと思ったんだけど、途中で挫折しました」
「シミュレーション?そんな面倒くさいこと私の性に合わないわ」
という方々のお役に立てるかも!といった内容です。
このまま読みすすめて、お付き合いいただければと思います。

マネーレシピ

完璧を求めるほど不完全なものに近づいていく!?

弊社はFPオフィスですので、ファイナンシャルプランニングをするのが仕事です。
このファイナンシャルプランニング、簡単に言うと、あなたのお金に関する未来予想図(マネープラン)をつくることです。

将来の予測を立てると、家計の中で「余分なもの」と「足らないもの」が見えてきます。
そして、「余分なもの」と「足らないもの」の見極めがつくと、本当に必要なところにお金を使うことができます。

となると、マネープランで予想する項目をドンドン増やして、細かい数字をたくさん扱うことで精度が上がり、結果、いいプランニングができると、ある時まで考えていました。
けれど、そんな考えに疑問をもつ出来事があったのです。

新婚さんの30年先までのマネープラン

とあるマネー雑誌で、FPが20代後半の新婚さんのために、30年先ぐらいまでのマネープランを作って解説をしていました。

そこで設定されていた項目は、出産予定、マイホームの購入、旅行に行くタイミング(行先が国内の年もあれば海外の年も)、車やテレビなどの家電製品の買い替え時期まで…。
それはもう事細かに数字をはじき出していました

すごぉーーっ!!!( ; ロ)゚ ゚
最初はその精度にスゴイ!と感心しました。

でもよくよく考えてみると、プロが考える制度の高さとは「より正確なシミュレーション」をするということ。
シミュレーションはいいように言えば予行演習です。
その通りにいけば、強力な羅針盤になるでしょう。
でも、たとえば私の性格だったら、欲しい車があれば少し無理してでも買うかもしれません。

旅行だって行きたいときに行くかもしれません。
(「あくまで仮定ですので」と返されるかもしれませんが…)

シミュレーション通りにいかなかったらどうなるの!?

仮定だとしても、私は思うんです。
「シミュレーション通りにいかなかったらどうなるの!?」と。
そのシミュレーションに合わせた人生を送らない限り、数字にズレがでてきます。
それも1、2年なら問題ないかもしれませんが、30年となると大幅に狂ってくることも。
つまり、シミュレーションは細かい条件を追加すればするほど、仮説=「たとえば」の数字が増えることになります。

完璧を求めるほど不完全なものに近づいていく…。
これって何だかモヤモヤ、というか不安が残りませんか?

マネレピのマネープランは“いいかげん”

そう感じたので、弊社のマネープランは「良い加減」につくっています。

シミュレーションして細かな数字をはじき出すことは、数学の仮説のように最後まで証明できればいいのですが、人は感情で動くものです。
喜び、怒り、恐れ、悔しさ、憧れ、悲しみなど、感情が行動の原動力になることも少なくありません。
この理論を研究した人は、行動経済学という学問でノーベル経済学賞も受賞しています。
行動経済学について詳しくは↓

【投資入門⑥】お金を増やすだけじゃない!夢・目標を叶える資産管理法

2019.04.19

ましてや、例のように新婚さんであれば、価値観や性格の違うもの同士が暮らす集合体です。
そこで生まれる感情もさまざまだと思います。
なので、細かい条件をつけて精度の高い計算をすればするほど、仮説というよりも電卓ではじき出された数字だけがひとり歩きするような気がします。

だから弊社のマネープランには、車やテレビなどの家電製品の買い替え時期といった、細か~な項目はありません、ざっくりです(笑)。
それでも、安心して日々の生活、将来を送っていただけるよう、大事なポイントはおさえています。
そしてお客様からも「将来への不安が軽くなりました」「セカンドライフが楽しみ」といったお声を、ありがたいことにいただいています。

シミュレーションはほどほどに、必要なお金をどのように準備していくか決めること、そして少しでも早く着手することが、資産づくりにおいては大切です。

後日談になりますが、こうしたスタイルを確立したあとに入社した女性スタッフが、細かく項目を設定して数字を書き入れたマネープラン表が載ったマネー雑誌を見て一言。
「これ細かすぎません?何も入ってこない!」と。
あなたが彼女のようなタイプで、お金のことをちゃんとしたいと考えているなら、弊社の無料個別相談を利用してみてほしいと思います。

あわせて読みたい!おすすめ記事

“あなただけ”のマネープランをつくるなら